はじめに

本の感想やポエムなど、少し長めの文章を書く場所が欲しくて、ブログを設置してみました。
はてなブログを使うのが楽だし、SEO的には有利そうですが、前々から使ってみたかったGithub Pagesにブログを作成してみました。
ブログを書くたびにGithubに草が生えるし、モチベーションのキープに効果があるかも。
そこでまず、どの静的サイトジェネレータを使うかを検討しました。

上記サイトで調べてみると、世の中にはものすごい沢山の静的サイトジェネレータがあることが分かります。
自分が知っているのは、Jekyll、Middleman、Hubpress、Sphinxぐらいでした。
最初はGithubのスターの数が他を圧倒しているしGithubが公式に対応しているJekyllにしようと思いましたが、ページ生成が遅いとのことなので速いと評判のHugoを採用しました。

HugoはGoで書かれているため公開されたバイナリを実行するだけで良くて、RubyやNodeの環境準備が不要なのもアドバンテージだと思います。
サイトをざっと見た感じ、とりあえず一通りのことは出来そうです。

使いたいテーマがないと困るので、先にテーマを探しておきます。
テーマの数はそれほど多くはない印象です。
探したところ、はてブにも対応したRobustというクールなテーマがあったので使用させて頂きました。

Robust http://themes.gohugo.io/robust/

セットアップ

公式サイトに従ってセットアップしていきます。

Hugoのインストール

HomebrewでHugoをインストールします。

$ brew install hugo

サイトのテンプレート生成

$ hugo new site eichisanden.github.io

空のフォルダ体系とconfig.tomlファイルが生成されます。

.
|-- archetypes
|-- config.toml
|-- content
|-- data
|-- layouts
|-- static
`-- themes

6 directories, 1 file

テーマの設定

先ほど調べておいたテーマをGithubから取得します。

$ cd themes
$ git clone https://github.com/dim0627/hugo_theme_robust.git

テーマのリポジトリを参考にconfig.tomlを編集しておきます。
また、 hasCJKLanguage = true を追加しておきます。 これを設定しておかないと、下記イメージのように記事のサマリーが無駄に長く表示されてしまいます。

最初のコンテンツ生成

$ hugo new post/first_content.md

上記コマンドを実行すると、下記のような内容で content/post/first_content.md ファイルが生成されます。

+++
author = ""
categories = []
date = "2017-05-14T10:57:22+09:00"
description = ""
featured = ""
featuredalt = ""
featuredpath = ""
linktitle = ""
title = "first_content"

+++

+++で囲まれている部分は front matterと呼ばれる設定部分ですので、本文は直後に書いていきます。
Robustテーマは、thumbnail = "images/hugo.png" でサムネイル画像が指定出来ます。
また、toc = true を追加すると目次が表示されます。

サーバー起動してプレビュー

内容が書けたらローカルでプレビューしていきます。

$ hugo server --theme=hugo_theme_robust --buildDrafts

テーマとドラフトの記事も生成するオプションを指定してHugo Serverを起動すれば http://localhost:1313/ にアクセスしてプレビューが確認できます。
また、ファイルを編集すると自動的にブラウザがリロードされプレビューに即反映されるのが便利です。

ドラフトを解除して公開用にpublicフォルダを生成

プレビューがOKだったらドラフトを解除してpublicフォルダを生成します。

$ hugo undraft post/first_content.md
$ hugo --theme=hugo_theme_robust

これでpublicフォルダが生成されます。

Github Pagesで公開

あとはGithubにpushして公開します。
publicフォルダの中身をGithubにpushして公開します。

$ cd public
$ git init
$ git add --all
$ git commit -m "Initial commit"
$ git remote add origin git@github.com:eichisanden/eichisanden.github.io.git 
$ git push -u origin master

publicフォルダ以外のフォルダも別途Gitにコミットしておきます。
publicとthemesフォルダは除外しておきます。
この手順が少し面倒に感じました。

$ cd ..
$ git init
$ echo "/public/" >> .gitignore
$ echo "/themes/" >> .gitignore
$ git add --all
$ git commit -m "Initial commit"

最後に

Word Pressのように凝ったことはできませんが、静的ファイルをアップロードしているだけなので高パフォーマンスなブログを作成できて良いのでと思います。