Hugoのビルド

go getでHugoを毎回取得しても良いのですが、以下の理由でバイナリをコミットすることにしました。

  • 取得するHugoのバージョンの制御が難しい
    • (リリース前の変更もmasterにコミットされるようなので、少し枯れたバージョンを使いたい)
  • Goのメリット、バイナリファイルを1つ置けば済む
  • 毎回取得しないのでビルドが速い

Github Pagesへのデプロイ

https://docs.travis-ci.com/user/deployment/pages/

上記に従って.travis.ymlを書いていきました。

script:
  - bin/hugo
deploy:
  provider: pages
  skip_cleanup: true
  github_token: $GITHUB_TOKEN
  local_dir: public
  target_branch: master
  fqdn: gyoza.beer
  repo: eichisanden/eichisanden.github.io
  on:
    branch: master

hugoのビルド結果がpublicフォルダに出力され、repoで指定したリポジトリにプッシュされます。
$GITHUB_TOKENは、GithubでPersonal access tokenを発行し、Travis.ciの環境変数に値を登録しました。

注意点としは、毎回 git push -f するので、出力先リポジトリの履歴が残らないことです。
履歴はソースの方で追えば良いので、特に問題はないと思います。